【お買い物】インドネシアの楽天、"Tokopedia"で偽物を買ってしまった話

インドネシアの人は、温和で明るくて親切。
筆者もこの1年と半年、ほとんど嫌な思いをせずに過ごせたのは"人がいい"ということもあると思います(半年はほとんど人と会ってませんけど・・・)。


でも、どんな国にもずる賢い人は居ます。

忘れちゃいけない。


先日我が家の長が、Tokopediaにてまんまと"パチもん"を掴まされましたのでご報告いたします。


Photo by Bruno Kelzer on Unsplash


●Tokopediaとは?

皆様はTokopediaでお買い物したことはありますか?

トコペディア(Tokopedia)は、インドネシアの大手オンラインマーケットプレイス。2009年に開設された同社は個々の企業家や中小企業がオンラインストアを開設できるプラットフォームを提供しC2C(消費者間取引)環境を構築している。_Wikiより


とある通り、Tokopediaは「売りたい人」と「買いたい人」をつなぐ場所です。


サイトは整理整頓されているとは言い難く、少し前の楽天みたいなゴチャつき感でカオス空間です。
でも、だだっ広いショッピングモールではどこに何が売っているのか分からないことも多々あるインドネシアでは、商品名やカテゴリーを検索して探せることはショッピングの時短にもつながるありがたいツールです。


●Tokopediaでお買い物

Tokopediaはポイントさえ押さえれば、Amazonや楽天のように便利に使えます。
詳しい使い方の参考はこちらを↓

>>YARUNESIANさん

>>ジャカルタいろとりどりさんのblog



結構幅広いラインナップで、我が家でも時々利用します。
外出自粛生活にうってつけ、ポチるだけで届けてくれる頼りになる存在。


●そんな値段なわけない

ある日、夫がウキウキでレセプションに荷物を取りに行って帰ってきました。
どうやらPlaystarion4の新しいコントローラーを手に入れたみたいなのです。

こちらの友達も趣味も少ないインドアな夫が嬉しそうなので『良かった良かった』と思って、開封している所を横目に別の作業をしていました。


しばらくカチャカチャやっていましたが、何やら静かになっている。

こころなしか、後ろ姿に影が落ちているように見える・・・

Photo by Gabriel on Unsplash



聞けば、新しいコントローラーを繋いでも動かないらしい。

いくらで買ったのか聞いてみると、Rp.250,000くらいだったとのこと。

安くないか・・・?


調べてみると、日本ではコントラー1台で税抜5,980円〜が正規プライスのようです。

インドネシアだから安いと思ったのと、ちゃんとお店の住所がある&4.0以上のレビューが100件以上ある店を選んだから大丈夫だと思ったらしいのです。


・・・でも絶対そんな安いわけないよ・・・・・・


結局その後、無事ショッピングモールにあるPlaystation販売店で、別のものを購入(Rp.750,000くらい)。
ま、そんなこともあるよ、と励ましました。

その偽物(確定)との違いがなかなか面白かったので比較してみました。


▶パッケージ正面

左:パチもん 右:本物

並べると、明らかに違いますね。
偽物は、グラフィックが超適当です。ブルーの美しい波が全然作れてません。

それにプレステと言えば『○✕△』なはずですが、フォーカルポイント(目立つ所)に配置されていません。
"DUALSHOCK4"の文字の大きさと配置もバランスがおかしいです。
グラフィックは余白が命ですよね・・・

それと本物は「公式」ステッカーが貼られていますね。


▶パッケージ左右側面

左:パチもん
右:本物

本物はSONY INDONESIAが輸入者であることと、1年間の保証期間を示すステッカーが貼られています。

偽物は無駄に商品名を連呼しています。








▶パッケージ裏面

・本物

英語、中国語、韓国語で注意事項などが書かれており、中国語の方は台北のソニーマーケティングの拠点の情報が、韓国語の方はソウルの拠点の情報が書かれています。
裏面左下、マルで囲った部分に注目です。


・パチもん

さっき正面の方でグラフィックは余白が命と書きましたが、これは余白じゃなくて「書くことが無い」のです。
怪しい日本語で一応商品取り扱いの注意事項が記されていますが、複数のフォントが入り混じりラインもガタガタです。
先程正規の方で台北の拠点情報が書かれていたところは、なんちゃってSONYシンボルがまたしてもよくわからんバランスで鎮座しています。気持ち悪いわー
そして、どこにも製造元と輸入元の詳細情報がありません。

▶その他

・取扱説明書
本物:英語・中国語(簡体字と繁体字)・韓国語で書かれたA3両面、上質紙。

偽物:英語のみで明らかにコピー量産。A4片面、質の悪い紙。


・重さ(うちの計り調べ)

本物:約265g

偽物:約230g



・・・中途半端は一番ダメです。一回出直して来いや。


●まとめ

パチもんには十分気をつける。異常な値段設定には何かあると疑う。


余談ですが、さっき突然光りだしました。

ホラーです。


報告は以上です。

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ